ハンドメイドのOld Yet Newです
イベントのお知らせや新作紹介
好きなことに囲まれた日々の日記
色んなことを見て・感じて、どこからともなくやってくるインスピレーション。
感じるままに思うままに、帽子や雑貨が生まれる日々
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

風の音

近所を散歩。

春がたくさん。





川沿いを歩いていると



ガラガラガラ〜      と音が聞こえて振り返ると

風が吹き、ペットボトルの風車がクルクル



その先には









春霞であんまり見えない季節になってきたなーと思っていた

富士山が。

風が気づかせてくれたなーと嬉しくなった♪


natural mystic



夕方4時ころ

雲の切れ間から

雪化粧が素敵な富士山

なんだか静かな迫力を感じた。









そして4時50ころ










なんてなんてなんて綺麗な



夕日の色

富士

空気






言葉を失い、眺める。



富士山を眺めると

なぜこんなに気持ちが静かになるのかな。

すごいパワーだった。



自然の神秘

natural mystic




富士山情報

いつの間にか



雪化粧


素敵



富士山とワタシと湖

やっと書きなおす気になりました・・・

お待たせしてスイマセンです。

機械相手にいつまでもイジけてても仕方ないのでね。


では、気を取り直して・・・



先日もったいぶった夢が叶った話デス。。。







大好きな富士山。

いくら眺めていても飽きない富士山。


いつか見てみたいなーと思っていた

富士山のまた素晴らしい姿。

とうとう見ました!




ダイヤモンド富士!!



先日ブログに載せたLive!の日

朝の富士山を見て帰ろうとゆーコトになり

車泊することに・・・




ドコにしようか、ナイス富士ポイントを考えていたら

確か、某・湖からダイヤモンド富士が見えるみたいなんだけど

時期っていつ頃なんだろう・・・

って話になり、それなら行ってみようってコトになったんです。




そして駐車場に着くと、カメラおじさんがたくさんと

ダイヤモンド富士見学人へ宛てた注意書き看板。。。

ってコトは・・・






お〜〜〜〜!!

キタ〜〜〜〜!!!

イマじゃ〜〜〜〜ん!!!






まだ真っ暗な3時半に起きて

湖のほとりで夜明けを待ちました。







うっすらまだ薄暗い中に、ひっそりと富士山の影。

まだぼんやりとしか見えないのに

まだ魚も鳥も目を覚ましていないせいか

まったく動かない静かな水面には逆さ富士が映っていました。




もー、それだけで鳥肌全開でした。





最初は、富士山の左側だけ明るくて

この場所で、はたしてちゃんと富士山のテッペンから太陽が

顔をだしてくれるのか・・・



そんな心配をしながら、ただジーっと太陽を待ちました。







朝焼けの富士山は色々な姿に変わりやすいと富士山写真家の

大山 行男さんも言ってたな・・・


ゆっくりゆっくり富士山の背景が変わっていくなか

富士山のトリコになった約十二年前から

色んな思いで富士山を眺めてきたことを思い出しました。




明るくなるにつれて、鳥の鳴き声が聞こえだし

魚が水面からジャンプしたり

もう夜明けは間近。





今かいまかと富士山を見つめていると


テッペンのフチが光で照らされたと思った瞬間・・・





























「うわーーーーーーーーーーーー!!!」


思わず声がでたとはよく言いますが

これが本当に思わず声が出るってことなんだなって体験でした。

私のカメラではダイヤモンドのように輝く光は写せなかったケド

目で見てカラダで感じました。


そして、身体全体から色んなものが湧き上がってきて

涙がでそうでした。



人が沢山いたので我慢してしまいましたが

本当は、感じたまま泣きたかったな・・・




今まで何度かTVで太陽が顔をだしダイヤの光がさす瞬間は

見たことがあって、ずっと憧れていたけれど

今回、自分で体験させてもらえて感じたことは

まだ暗いところから、太陽が顔をだすまで約2時間。


ただ太陽を待つ。

その間の変わっていく景色。

そのすべてがダイヤモンド富士なんだなと思いました。



富士山・太陽・湖・空気・動物・人

地球、宇宙、すべてが生きていて重なって魅せてくれる

素晴らしい瞬間でした。






私にとって富士山は

富士山なしに今の私はナイ!といっても過言ではありません。



どうしようもない時や、悩んだ時、モチロン嬉しい時も

富士山を見ていると

厳しく「何を弱気になっている!」と言われている気がしたり

優しく「いつも見守っているから頑張って」と言われている

気がして、前へ進もうとか、ちょっと落ち着こうとか

とにかく自分を信じようとか


私の思いを導いてくれるのです。






今回もまた素晴らしい瞬間に導かれ感謝しています。




カメラ欲しい・・・






Live!
100817_1820~01.jpg